株式会社日本流通センター

株式会社日本流通センターは、すべての人と企業に安心と信頼できるサービスの創出に継続的に取り組んでおります。

TOP > 製品案内 > SecureBack3 Lite
トップページ
企業情報
リクルート
パートナー
お問合わせ
SecureBackLite3
Secure Back 3 Lite Editionは、様々な理由により実現が困難だとされてきた「企業内にある全クライアントPCのバックアップ」を実現する企業向けのバックアップソフトウェアです。社内にあるすべてのクライアントPCをバックアップするにはLANに対する負荷、PCに対する負荷、管理方法など、様々な課題を解決する必要があります。
Secure Back 3 Lite Editionは、これらの課題をすべて解決できることはもちろん、あらゆるファイルをリアルタイムにバックアップする次世代の企業向けバックアップソフトです。
Secure Back 3 Lite Edition マニュアルダウンロード
Secure Back 3 Lite Edition カタログダウンロード
Secure Back 3 Lite Edition パンフレットダウンロード
Secure Back 3 Lite Editionには30日間の無料評価版をご用意しております。評価版の利用を希望されるお客様はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
Secure Back 3 Lite Edition概要図
リアルタイムバックアップ
上書きなどでファイルが更新されると、その変化を検知してリアルタイムにバックアップを行う機能です。Officeファイルはもちろん、ブラウザのブックマークやメールデータさえもリアルタイムにバックアップします。
多彩なバックアップ方式
リアルタイムバックアップのほか、一定時間間隔でバックアップを行う「インターバル方式」、曜日と時間を設定して「スケジュール方式」、PCを操作していない時にバックアップを実行する「アイドルタイム方式」をバックアップ方式として選択できます。
帯域制御機能
バックアップ時の転送帯域をPCごとに1Mbps 単位で設定できる機能です。バックアップに使用する帯域をコントロールすることで、LANへの負荷を必要最小限に抑えることができます。
ファイル暗号化
バックアップと同時に暗号化処理を行う機能です。ファイルごとにまったく異なる鍵(カオス理論に基づく鍵長128bitの暗号鍵)ですべてのファイルを暗号化するというSecure Back 3 独自の暗号化方式によってバックアップデータを安全に保管できます。
メールバックアップ
Secure Back 3 Lite Editionは主要なメールクライアントに対応しているので、メールのメッセージデータやアドレス帳をリアルタイムにバックアップできます。さらにOutlookやOutlook Expressには差分バックアップ方式を採用しています。この方式は差分データをバックアップ先で結合して一つファイルにするという独自方式のため、速度はもちろんディスク効率にも大変優れます。
オートコンプリータ
オフライン中に更新されたファイルを、オンラインなった直後にすべてバックアップしてバックアップを完全にする機能です。外出時の持ち出しなどでオフラインになることの多いノートPCのバックアップに便利な機能です。
レプリケーション
バックアップ元とバックアップ先のファイルの状態を同じにする(同期させる)機能です。Secure Back 3 のリアルタイムバックアップ機能は、レプリケーションによるバックアップと異なり、バックアップ元のファイルを削除してもバックアップ先からそのファイルが消えることはありません。そのため過去にバックアップして現在は不要となったファイルがバックアップ先に保存され続けます。そこでこのレプリケーション機能を使用すると、現在バックアップ元にないファイルが削除されるため、不要となったバックアップデータを速やかに整理できます。
リストア
管理者によるリストア
管理者は管理用ソフトウェアSecure Back Managerを使用してすべてのデータをリストアすることができます。リストア時にはファイル名や作成日時等で検索し、必要なデータを素早くリストア可能です。
一般ユーザによるリストア
バックアップ対象として設定されているPCのユーザが、自分のバックアップデータを管理者に依頼することなく自由にリストアできる機能です。
オートリカバリ
過去にバックアップしたデータを元あった場所に自動復旧する機能です。PCがクラッシュするとOSはリカバリできますが、データはリカバリできません。しかしこのオートリカバリ機能を使用すると、データも自動的にリカバリすることが可能になります。
ログ
バックアップ / リストアログ
バックアップ / リストアに関するログを表示する機能です。ログは期間や内容で絞り込めるのはもちろん、PC単位、バックアップ元単位でも絞り込むことができます。
オペレーションログ
Secure Back 3 Lite Editionによるバックアップを管理するためのソフトウェア『Secure Back Manager』の設定変更やログインの履歴を詳細に残す機能です。設定内容だけでなく、操作を行ったPCのIPアドレスも記録します。
その他の機能
申請機能
バックアップに関する設定は管理者がSecure Back Manager上ですべて行いますが、一般ユーザも管理者に対して設定の変更を申請することが可能です。管理者は一般ユーザからの申請をSecure Back Manager上で承認・拒否できます。
管理者通知
Secure Back 3 Lite Editionのバックアップに関する通知を管理者が直接受け取る機能です。Secure Back Managerに付属する専用ソフトを管理者のPCにインストールすると、ディスク容量の警告やアップデートの通知、一般ユーザからのメッセージや申請などがデスクトップ上にポップアップされます。